クレジットカードとキャッシングカードの違い

クレジットカードとキャッシングカード・カードローンの違いを解説します。

※当サイトの表記金額はすべて税抜です。

  1. ホーム>
  2. クレジットカードとキャッシングカードの違い

クレジットカードとキャッシングカードの違い

クレジットカードとキャッシングカード・カードローンの違いを解説します。

クレジットカードについて

クレジットカードとは利用者(消費者)の信用に基づいて発行されるカードで、利用者はこのカードを利用して、予め定められた条件(有効期限や利用限度額等)の範囲で、代金後払いでの商品を購入したり、サービスを受けたりする事が出来ます。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの機能

一般的なクレジットカードの有する機能を大まかに上げると下記の通りとなります。

1.決済手段として利用する

商品代金の支払に現金ではなくカードで支払う事が出来ます。

2.クレジット(信用販売)機能を利用する

商品代金の支払を分割払いにしたり、ボーナス時一括払いにする事が出来ます。

3.キャッシング・ローン機能を利用する

金融機能として、キャッシング機能やカードローンを利用する事が出来ます。

クレジットカードの付随サービス

一般的なクレジットカードの有するサービスを大まかに上げると下記の通りとなります。

1.ポイントサービス

一定の利用金額に対してポイントが付与されポイントの額に応じて現金やカード会社の用意する商品・商品券等と交換することが出来ます。

2.付帯保険

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 盗難保険

3.指定店舗での割引特典

カード会社の指定する店舗でカードを利用(若しくはカードの提示)する場合に利用代金が割引となります。

上記以外にも、海外でのヘルプデスクサービスやチケット取得代行、ゴールド会員限定で空港ラウンジサービスや航空機の遅延損害保険等、様々なサービスが提供されています。

クレジットカードとキャッシングカードの違い

クレジットカードについては上記までの説明の通り、後払いで購入ができるカードで、付帯サービスの1つにキャッシング機能があります。一方、キャッシングカードはそもそもお金を借りるためのカードとなります。

さらにクレジットカードの付帯サービスはキャッシング機能のほかに、旅行傷害保険、ポイントが溜まるなど、多岐に渡ります。しかし、クレジットカードは発行までに1週間など、時間を要する場合があります。キャッシングカードのメリットは、緊急の場合にすぐ作ることができる点にあります。

アコム